上田佳世子、渡辺恵利世《トートロジー》1973年

 
tautology
上田佳世子、渡辺恵利世《時を織る》1973年 目隠し用の黒の布、テーブル、椅子2脚、ビニール布、カード(白の画用紙)、黒のサインペン(太字)2本 ©上田佳世子、渡辺恵利世 撮影者不明
 
tautology
上田佳世子、渡辺恵利世《時を織る》1973/2022年 出演|岡千穂/田上碧(6月24日)/石場文子/川上真由香(6月25日) 目隠し用の黒の布、テーブル、椅子2脚、ビニール布、カード(白の画用紙)、黒のサインペン(太字)2本 ©上田佳世子、渡辺恵利世 撮影|藤島亮

上田佳世子、渡辺恵利世《時を織る》1973/2022年 出演|岡千穂/田上碧

上田佳世子、渡辺恵利世《時を織る》1973/2022年 出演|石場文子/川上真由香

 

上田佳世子と渡辺恵利世はテーブルに向き合って座り、目隠しをつけた。それぞれがテーブルに置かれた画用紙の束から一枚を取り、ゆっくりとペンで「1」と書き、足元に落とした。彼女たちは互いが立てる音を聞き、行為をできるだけ同期させようとしながら、再び画用紙を取って「2」と書き、落とした。床、テーブル、椅子はすべてビニールシートで覆われていた。同期の試みは一人分60枚の画用紙がすべて床に散るまで続いた。《時を織る》と題されたこのパフォーマンスは、上田と渡辺が1973年に発表した《トートロジー》シリーズの最後の作品だった。彼女たちは一連の試みを会期中、何度もくり返した。

 
 
 
tautology
上田佳世子、渡辺恵利世《真空の》1973年 イス、本、ベニヤ板、テープレコーダー、スピーカー ©上田佳世子、渡辺恵利世 撮影者不明
 
tautology
上田佳世子、渡辺恵利世《真空の》1973/2022年(堀えりぜによる再制作) イス、本、スピーカー ©上田佳世子、渡辺恵利世 撮影|藤島亮
 
 
 
 
日本美術サウンドアーカイヴ──上田佳世子、渡辺恵利世《トートロジー》1973年

2022年6月23日~26日 BUoY

展示作品
上田佳世子、渡辺恵利世《アリアドネの糸》1973/2022年(堀えりぜによる再制作)
上田佳世子、渡辺恵利世《真空の》1973/2022年(堀えりぜによる再制作)
堀えりぜ《あなたはいつも私より強い あなたはいつも私より弱い》2022年

展示資料
上田佳世子、渡辺恵利世《トートロジー》1973年

上演作品
上田佳世子、渡辺恵利世《時を織る》1973/2022年 出演|岡千穂/田上碧(6月24日)/石場文子/川上真由香(6月25日)

テキスト|堀えりぜ/金子智太郎
録音|増田義基
写真撮影|藤島亮
映像撮影|樋口勇輝
翻訳|タムラマサミチ
英文校正|アキレス・ハッジス
リーフレットデザイン|川村格夫
設営協力|松岡亮/梅原徹

リーフレット
堀えりぜ「トートロジー」2022年
金子智太郎「反復と不在──上田佳世子、渡辺恵利世《トートロジー》」2022年
 
 
 
 
上田佳世子(1948~2011) 略歴

1948 東京都生まれ
1971 多摩美術大学絵画科卒業
1971 高松次郎「塾」で学ぶ

主な個展
1973 渡辺恵利世と《トートロジー》シリーズ
1974 楡の木画廊/東京
1975 真木画廊/東京
1976 白樺画廊/東京
1977 藍画廊/東京
1978 藍画廊/東京
1979 藍画廊/東京
1981 駒井画廊/東京
田村画廊/東京
1982 鎌倉画廊/東京
1983 村松画廊/東京
1984 村松画廊/東京
1985 ギャラリー射手座/京都
1986 村松画廊/東京
1987 ぎゃらりいセンターポイント/東京

主なグループ展
1973 渡辺恵利世と「京都アンデパンダン展」京都市美術館/京都
1975「京都アンデパンダン展」京都市美術館/京都
1976「今日の空間展」横浜市民ギャラリー/神奈川
1986「第一回犀川アートフェスティバル」長野
「ART SPACE’ 86」静岡市民文化会館/静岡

主な出版
1990~1992 連載「子どもの絵」伊豆新聞
1996『目めめ手てて』麦秋社
2014 上田佳世子、小倉隆「アトリエに通う子どもたちと先生の会話──上田佳世子の残した図工教室日記から」『児童心理』第985号、金子書房

 
 
堀えりぜ(渡辺恵利世) 略歴

1948 群馬県生まれ
1970 多摩美術大学絵画科中退
1970 Bゼミで学ぶ
1971 高松次郎「塾」で学ぶ
1975~77 堀浩哉のパフォーマンスのコラボレーター兼パフォーマーとして活動
1998~ 堀浩哉、畠中実と「ユニット00」として活動
2011~ 堀浩哉と「堀浩哉+堀えりぜ」として活動

主な個展
1973 上田佳世子と《トートロジー》シリーズ
1974 楡の木画廊/東京
2019「堀浩哉+堀えりぜ」として 丸木美術館/埼玉
2021「堀浩哉+堀えりぜ」として √K Contemporary/東京

主なグループ展
1973 上田佳世子と「京都アンデパンダン展」京都市美術館/京都
1977 堀浩哉と「第10回パリ青年ビエンナーレ」パリ
1998~「ユニット00」として「ATTITUDE 2002」(熊本市現代美術館、2002)「越後妻有トリエンナーレ」(2003、2006)、宇都宮美術館、広島市現代美術館、多摩美術大学美術館など
2011~「堀浩哉+堀えりぜ」として「会津漆の芸術祭」(2012)「釜山ビエンナーレ」(2016)など

 
 

過去の企画→